3万円以下ですぐ導入!BtoBに特化のBカートASPの評判と考察

最近、BtoBに特化した「BカートASP」を導入する企業が増えています。公式ホームページによると、導入社数は300社を超え、中小のBtoB企業がターゲットのEC-ASPです。

日本の中小のBtoB企業は、業務効率化されてない企業が今だに多く存在し、その実態は伝票の紙や、エクセル管理での手作業で業務を回している企業も大変多いのです。そのような中に安価で、しかもECによって販路を広げることのできる「BカートASP」は3万円以下で導入できるため大変魅力的です。

日経新聞にも導入事例が取り上げられるなど、業界の評判も良好です。本日は「BカートASP」について、詳しく解説してまいります。

「ECサイトを持ちたい!」BtoBの中小企業は導入の価値あり!

自社でBtoB用のECサイトを検討している企業は多いと思います。しかし、社内には

「インターネットでこんな専門部品を誰が買うんだ!」
「一般の人から問い合わせきたら対応どうするんだ!」

という声もあると思います。しかし、自社の営業社員が数十年かけて作った販路以外にも、実際は多くの需要があり、インターネットで公開することにより、取引先を増やしたBtoBのECサイトの例は数多くあります。

また、BtoBのECサイトを公開した企業には「個人からの問い合わせが予想以上に多く、BtoC用事業を急遽立ち上げた」という例や、「日本語サイトなのに海外から問い合わせが来た!」という例まであり、ECサイトを持つと、多くの可能性があるのです。

「うちの取引先は限定しているビジネスだからECサイトは不要!」

という企業にも「BカートASP」ではクローズドのECサイトを構築することができるため、IDとパスワードがないと、そのECサイトを見ることができないのです。

ASPだからとにかく安い!月額費用

そうは言っても「BカートASP」はコストが高いのではないか?と思われますが、以下は「BカートASP」の公式サイトから引用した価格表です。

◆「BカートASP」の価格表

画像引用は公式サイトより:https://bcart.jp/plan/

企業規模や要件によって、プランを検討しますが、一番安い月額9800円「ライトプラン」は「とりあえず、ECサイトを作れれば良い」という人向けですが、どうせなら月額29800円の「プラン30」からがいいのではないでしょうか?

なぜなら、単なるBtoBECサイトの導入だけではなく、業務効率化ができるからです。

受発注システムがなく伝票やエクセルなどの手作業中心の企業が導入すれば業務効率化が可能!

BtoBの特徴と言えば

・取引先によって価格設定が異なる
・取引先によって商品ラインナップが異なる
・新規顧客と既存顧客では決済方法が違う

こういった複雑な要素がBtoCの商習慣と大きく異なります。だからこそ、ECサイトを持っていない企業も多いのです。

しかし、BtoBに特化した「BカートASP」であれば、

・取引先毎に異なる掛け率の設定
・取引先毎に商品ラインナップを変更する
・新規顧客は決済会社経由で、お得意さんには掛け売りで

といったBtoBでよくある問題がクリアーになるので、BtoBのECサイトを持つことで、これらの処理が最初に一度設定すれば、自動化されますから「電話や伝票をエクセルに打ち込む」などの手作業は無くなるだけでなく、誤発注がなくなり、クレーム対応も激減するでしょう。

さらに

「営業社員が客先で、ECサイトを使って見積りを出す、発注処理を行う」

といった使い方が可能で、営業社員はより「営業」に専念する時間を増やすことができるのです。こういった機能が月額30,000円程度で使えるのは、日本のASPでは「BカートASP」だけではないのでしょうか?

しかし、

「うちは取引先と一緒にEDIを使っているから、業務効率化ができている!」

という企業も、顧客データを活用したマーケティングを行っていないのではないのでしょうか?

中小のBtoB企業が最新のWEBマーケティングを行うことも可能!

ECサイトを導入する大きなメリットの一つが「顧客データ」を使った最新のWEBマーケティングを行える点です。例えば以下のような事例です。

「見込み客の規模によってセグメントを分けて、送付するメールマガジンの内容を変えて、自動で定期的な間隔で送付するCRMやMA(マーケティング・オートメーション)」

「自社ECサイトを訪問した見込み客に対して、バナー広告を行いECサイトへの再訪問を促すリマーケティング広告」

「自社サイトに再訪問した見込み客のみに、ポップアップやチャットボックスを出すWEB接客ツール」

このようなBtoCでの最新のWEBマーケティングが可能であり、当然これらの機能は「BカートASP」と連携して、別途マーケティングツールを導入することができます。そしてこららの導入は、タグをサイトに埋め込むだけなので、少しの設定ですぐに導入することが可能です。

BカートASPのライバル企業は?

ASPでは「アラジンEC B2B CLOUD」

同じASPの価格帯のECプラットフォームでは、「アラジンEC B2B CLOUD」がライバルになるでしょう。しかし、最低価格帯が36,000円からということもあり、「BカートASP」の方が導入しやすいでしょう。

機能に大差はありませんが、価格帯の近い両社ですから、コンペを行い画面のインタフェースや機能で選ぶことをおススメします。

中・大規模規模のBtoBECサイトならカスタマイズ可能な「ecbeing」や「ebisumart」という選択肢!

BtoBのシステム化は、個社毎に複雑な要件がからみます。「BカートASP」はBtoBに特化しているだけに、BtoBに必要な多くの機能がありますが、ASPの弱点はカスタマイズができないことです。

ECサイト構築の予算を1,000万円以上出してもよいという企業は、ECパッケージの最大手の「ecbeing」やフルカスタマイズ可能な「ebisumart」を検討してみましょう。両社ともにクラウドECのパッケージです。

また、ある程度の規模の企業にはシステム連携が必須となります。こういった要件はASPではカスタマイズができないので、クラウドEC(カスタマイズ可能な)の領域になります。

ecbeingやebisumartについてはこちら ==> クラウドEC導入のメリットとデメリット【大手3社とは?】

ASPのECサイト導入のコツは、ASPに業務フローを合わせること

「BカートASP」は、ASP(アプリケーション・プロバイダー・ソフトウェア)です。こういったASP導入のコツは、自社の業務フローをASPに合わせてしまうことです。

ASPのデメリットはカスタマイズができないことですが、BtoBに特化した「BカートASP」は豊富なBtoB用の機能がありますから、「うちは業務フローが独特だからな~」という企業も、業務フローをASPに合わすことができれば、安価で大変効率の良いシステムになります。

検討されている方は、まずは自社の受発注の仕組みなどの、カンタンなフロー図にまとめてから、問い合わせてみると、話もスムーズになるでしょう。それが困難な場合は、コンサルタントに依頼することで、業務フローをまとめ、ECサイト導入を手助けしてくれます。

BtoBにおいて、ECサイト導入には大きなメリットがありますので、中小企業こそ、イーコマース導入を積極的に行うべきでしょう。

おすすめ記事!【ECパッケージ徹底比較】年商10億円以上に最適なECパッケージは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする