CS-Cartの評判は?【越境ECに強いオープンソース】

オープンソースは日本ではec-cubeが最も有名ですが、CS-Cart(シーエスカート)をご存じでしょうか?CS-Cartも無料でダウンロードし、カスタマイズする事が可能なオープンソースのECパッケージです。

元々ロシアで開発されたオープンソースで、日本では”有限会社フロッグマンオフィス”という会社が運営しております。私がCS-Cartを知った経緯は、「越境ECに強い」という話を聞いたので、調べてみると

・多言語対応
・他通貨対応
・多くの国内・海外決済会社対応

ということもあり、なかなか面白いECシステムと感じたのがキッカケです。本日はECコンサルタントの私が、CS-Cartについての評判を解説いたします。

CS-CartってASPですか?オープンソースのパッケージですか?

CS-Cartは基本的にオープンソースのパッケージなのですが、いろんなコースがあるためか?少しコースやプランがわかりにくいです。CS-Cartは

・サーバープラン(レンタルサーバープランのセット)
・オープンソース(パッケージの無料プラン)
・有料のパッケージ

の3つのスタイルがあります。筆者が整理しましたので下記をご覧ください。

オープンソースのCS-Cart(CS-Cart無料版)

CS-CartのHPからメールアドレスを入力すれば、ダウンロードして、あなたの持っているサーバーにインストールして使うことが可能です。オープンソースなので当然カスタマイズ可能ですが、機能は有料版より制限されています。またec-cubeのように再開発して、販売などはできないようです。

有料パッケージとしてCS-Cart(CS-Cart有料版)

有料版には2つあって、「CS-Cart有料版」「CS-Cartマーケットプレイス」です。マーケットプレイスとは、BtoBで企業間取引に特化したものを指しますので、それに特化したパッケージです。企業間取引でなければ、通常は「CS-Cart有料版」を使う事になります。カスタマイズ可能です。

レンタルサーバー付きのCS-Cart(サーバープラン)

CS-Cartさんは「サーバープラン」という言い方でレンタルサーバー付きでCS-Cartを用意するプランです。サーバープランは3つのプランが用意されており、

・スタンダート
・プレミアム
・マーケットプレイス

の3種類です。

パッケージプランとサーバープランのどっちがいいの?

性能に差がでるわけではありませんが、ポイントはサーバーを自社でもつか、CS-Cart側で持つかという判断基準です。企業の考え方によって、サーバーをオンプレミスで行うかどうかは、異なります。

いずれにせよパッケージプランは自社で技術力に自信がある会社でないと難しいでしょう。パッケージプランのメリットは、初期費用を払えば、月額がかからない点です。

サーバープランはASPのような感覚でスタートできます。サーバーも用意する必要がありませんから、はじめやすいです。ただしこちらは月額がかかるコースです。その分初期費用はおさえられています。

CS-Cartの費用や価格感は?

価格・費用感をまとめました。他社の「ASP」や「パッケージ」に比べても価格は安めです。

CSカートの費用感

CS-Cartのライバル企業は?

数年前ですが、CS‐Cartのセミナーに参加した筆者からの目線ですが、以下のECシステムを意識しているようでした。

最大のライバルはec-cube

ec-cubeは国内ナンバーワンのオープンソースですが、ec-cubeは完全フリーのソフトウェアであり、有料版は存在しませんので、有料版で収益を得るCS-Cartとは、そもそもビジネスモデルが異なります。

開発者にとっては、情報量がec-cubeの方が多く開発しやすいですが、サポートはありません。一方で、有料であれば、サポートを受けられるCS-Cartということもあり、この辺は考え方になるかと思います。

ec-cubeとの違いは、アップデートに関してです。ec-cubeの場合手動でのアップデートになりますが、CS-Cartはワードプレスのアップデートに近い感じで、アップデートに失敗しても自動でバックアップがとってあるので、担当者も安心です。

また越境ECを考えているなら、多言語対応や他通貨対応が標準実装されており、CS-Cartはいいでしょう。元々ロシアで開発された海外オープンソースですから、この点は国産のec-cubeより勝っています。

大規模ECサイトへの発展なら、ecbeingやebisumart(えびすマート)

もし、ECサイトの規模が大きくなったり、システム連携が必要になってきた場合は、ecbeing社やebisumart(えびすマート)を検討するのがよいでしょう。

CS-Cartでもシステム連携は可能ですが、規模が大きくなるったり、基幹システムや物流システムを連携させて、効率をあげるならば、実績のある会社の方が依頼しやすいという点からです。

同じ海外のオープンソースのZen Cart

Zen Cartはアメリカで開発されたECのオープンソースです。日本語版のサイトやフォーラムがあるので、開発者にある程度情報がありますが、一方でZen Cartを扱っている制作会社が少ない点です。この点はCS Cartであれば、複数の会社が開発会社として、パートナシップを結んでいますから、開発を外部なげる場合は、CS-Cartの方が優位でしょう。

CS-Cartの特徴は?

私が複数のパッケージを見た中で、CS-Cartが特に特徴的だと感じたポイントを取り上げます。

越境ECが得意!

CS-Cartは、以下の3点の機能を標準で持っており、安めのパッケージで越境ECを始めたい企業に向いております。

①多言語対応
②他通貨対応
③多くの決済会社との標準連携
④海外の配送会社とも標準連携

日本語、英語、中国語を含む25か国語に標準対応しています。そしてこれ以外の言語もインポートして対応が可能です。

複数ショップを一つの管理画面で管理!

ショップの追加には月額で6480円追加でかかりますが、新たにCS-Cartをインストールすることなく、複数のネットショップを運営することが可能です。

管理画面の項目を自由に変更できる

これは便利な機能です。企業によって項目の名前は異なりますからね、項目を自由にカスタマイズできる点は大変便利です。

アクセスするユーザーによって管理権限を変更可能

ユーザー単位やグループ単位で管理権限を変更できます。

サーバープランとパッケージプランがある点

通常、ASPとパッケージにECシステムがあるのですが、サーバープランとパッケージプランの両方を持っているのは、面白いです。ただ筆者の予想ですが、ほとんどの企業がサーバープランを選択しているのではないでしょうか?

パッケージプランを選択する場合は、ノウハウのある制作会社が必要ですので、CS-Cartには、開発パートナーが数社いますので、これらの会社と相談するのが安心ですね。

サポートや情報が充実している

Youtubeの動画コンテンツを作ったり、フォーラムを作ったりと開発する上において情報は充実しています。

CS-Cart日本語版公式ガイドビデオ

最後に

HPのとおり、柔軟性が高いECシステムです。価格帯も安めです。最大の売りはやはり、越境ECに必要な機能がだいたいそろっている点です。

パッケージの最大の弱点のシステムが古くなる点ですが、提供される更新モジュールでシステムを更新すれば、陳腐化は避けられますが、カスタマイズとの度合によります。例えば大幅なカスタマイズをした場合は、更新モジュールでの更新が難しくなりますが、標準機能を中心とし、カスタマイズもほどほどならば、更新モジュールによりシステムが古くなりません。

ただ、あくまで小・中規模向けのECパッケージです。中・大規模ECサイトのようにECの規模や売り上げがある場合は、ecbeingebisumart(えびすマート)のような国内有力ECパッケージを検討しましょう。

おすすめ記事!【ECパッケージ徹底比較】年商10億円以上に最適なECパッケージは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする